向上心を持ち続け
「挑戦」を恐れないこと、
まさしくポルシェブランド、
そんな環境があります
ブライトインターナショナル
ポルシェセンター銀座 小石川認定中古車センター
部品課 主任
2016年入社 中川 竜介NAKAGAWA RYUSUKE
INTERVIEW - NAKAGAWA RYUSUKE

自動車部品の通信販売の経験をもとに2016年に入社。
現職では、各種パーツの発注業務を中心に、ポルシェグッズの商品選定や売上目標も担当。
趣味は料理というだけに、東京・銀座にある國際グループが経営する世界で唯一のポルシェレストランでの修行を密かに思い描いている。

チームワークを大切にして働きたい人には、
とてもいい会社だと思います。

部品一つ一つにその先のお客様を意識しています

幼少期からクルマが好きで、モータースポーツが好きだったこともあり、前職ではF1関連のグッズや自動車用品などを販売する会社に勤めていました。
ポルシェはもともと輸入車の中ではもっとも好きなブランドでしたし、いずれはスポーツカーに携わるような仕事に就きたいという思いもあって、偶然にも國際グループの求人募集を見つけて思い切ってエントリーしました。本当にいいタイミングに巡り会えたと思います。
部品課の仕事は、お客様からお預かりしたクルマを整備する際に必要となる部品の適合確認や見積もり、発注といったパーツの手配に関する一連の流れを担っています。
優先順位をつけて効率的に、いかにスピーディかつ正確に発注できるかが重要です。
最終的に行き着く先はもちろんお客様ですので、そのことを念頭に置いて日々の業務に取り組んでいます。

何事も聞きやすい“はたらく”環境が整っています

クルマの部品って何万点もありますから、知識がないと何の部品のことを指しているのかまったく分かりません。
私も入社したての頃はとても苦労しました。
とても専門性の高い仕事ですから、私の場合は過去の作業履歴などを見て必死に勉強しました。
またセールスやテクニシャンといった部署は関係なく、わからないことは社内の誰にでもすぐ聞くようにして知識を高めていきました。
その甲斐もあって2年目には主任に昇格し、イベントで販売するポルシェテクイップメントの商品選定や売上目標の設定なども任せてもらえるようになりました。
最近は、テクニシャンからある部品が欲しいと言われた際に、「この部品を換えるならこれも一緒に換えるといいですよ」と、こちらから提案することもあります。
とてもやりがいを感じる瞬間です。

課題出しと改善を繰り返していくこと

部品の管理体制においては、表面上は綺麗に見えても細かく見ていくと、まだまだたくさんの課題が残っています。
売り上げや目標の数値化、システム改善の提案など、作業効率を高めて生産性を上げていきたいと思っています。
部品の在庫データという面では、インポーターであるポルシェジャパンとの連携も不可欠です。
回転率が高いもの、交換頻度の多い部品は当社に在庫し、頻度の少ないものについてはポルシェジャパン、もしくは場合によってはドイツ本国からの取り寄せになります。
そこで気づきなどがあれば、インポーターにもできるだけ報告するよう意識しています。
社内だけをみても改善の余地はある。
部品課は上司と私の二人体制ですが、上司は「いいと思うことはどんどんやれ」と背中を押してくれます。今後はもっと積極的に声をあげていきたいと思っています。

先輩社員から応募者へのメッセージ

多様な個性が勢ぞろい
やりがいを刺激する横とのつながり

向上心さえ持ち続けていれば、多少の失敗は許される環境があります。
トライ&エラーを繰り返し、いろいろ試行錯誤しながら経験を積んでいけば必ずスキルアップすることができます。
そういう意味で私自身、ポルシェで働くことはとても充実感のあるものだと感じています。
國際グループとしては、ポルシェ以外にもレクサスやジャガー、マクラーレンといったブランドの正規ディーラーを運営しており、他ブランドで働く仲間との交流が年に何度かあります。
そこで築いた関係性によって、また新たな知見と刺激を得ることもできます。

Q.自分をポルシェに例えると?

919 Hybrid

ル・マン24時間耐久レースで勝利を収めた憧れのレースカー919ハイブリッドです。
24時間レースを走りきるのは過酷ですし、見えない部分で様々な苦労もあると思います。
仕事でも同じように楽しいことばかりではなく、辛いときも必ずあるものです。
困難を乗り越えられるよう我慢強く日々努力を続けていく自信はありますので、そういった意味も込めて耐久レースマシンである919ハイブリッドを選んでみました。

ONE DAY中川 竜介の1日

  • 9:00 出社・朝礼 テクニシャンと朝礼。全体の報告事項やスケジュール確認
  • 9:20 伝票入力 システム上に伝票入力
  • 9:30 見積作業 適合確認・在庫確認
  • 10:30 荷物入荷 前日発注した荷物が到着し、検品や振り分け作業を行う
  • 12:00 ランチ お弁当の時もあればリフレッシュで外出することも
  • 13:00 見積作業 適合確認
  • 15:00 発注作業 システムを使用して発注作業
  • 17:00 スケジュールチェック 翌日の業務内容と売上げの確認
  • 退社 おつかれさまでした!