サービスアドバイザー、
レセプショニストと連携し、
チーム全体のサービス向上を生み出す
橋渡し役となる
ブライトインターナショナル
ポルシェセンター目黒 サービス工場
アフターセールス部 サービスアドバイザー アシスタント 主任
2014年入社 田丸 瑶子TAMARU YOKO
INTERVIEW - TAMARU YOKO

酒類卸売会社からの転職を経て、2017年にレセプショニストとして入社。
ショールームでの受付業務に従事し、昨年10月にサービスアドバイザー アシスタントとして部署異動を経験。
現在はサービスアドバイザーとレセプショニストのサポートを兼務している。愛犬家。

どの職種であれチームプレーが重要ですから
「協調性がある」ことが第一条件だと思います

1日40〜50人のお客様をアテンドしています

2017年に当社でレセプショニストを従来の派遣社員ではなく、正社員を配置するという動きがありまして、そこで人づてにご紹介いただき入社することになりました。
昨年異動となり、現在はサービスアドバイザーアシスタントとして勤務しています。

サービス工場に点検や整備で入庫してくるクルマの受付を担当するのがサービスアドバイザーですが、当店には1日にざっと40〜50台ものポルシェが入庫してきますから、とてもサービスアドバイザーだけでは対応しきれません。
アシスタント役としてサービスのお客様をお迎えし、事前に入庫予定のクルマの情報を収集しておき、手続きに必要な書類などすべてまとめておくといったことが主な仕事となります。

これから始まる長いおつき合いが楽しみです

サービスというと男性のイメージが強いですが、ポルシェに女性のお客様が増えてきたこともあり、サービス部門にも女性がいたほうがいいのではないかということで、担当することになりました。

レセプショニストをしていた頃に比べると圧倒的に事務作業の割合が増えました。
また、クルマに対する専門知識が必要な点も大きく変わったところだと思います。
また以前は、クルマを見に来られたお客様のアテンドにはじまり納車までを見届ける仕事でしたが、いまはオーナー様に納車をして初めて長いお付き合いが始まるものです。
今までとは違った視点でお客様と接していくことは、新鮮でもありまた楽しくも思えます。

またレセプショニストとして納車に立ち会ったお客様が点検などで入庫してくださるケースもあって、覚えていてくださると嬉しくなりますね。

第1号の職種として道を切り拓く

実はサービスアドバイザーアシスタントという職種は私が第1号なのです。
したがって、そもそも何をやるべきなのかを構築していかなければならないと思っています。
現時点で足りていないと感じるのはサービスに関する専門的な知識です。
12カ月点検などは、国産車ではディーラーで行う人はあまりいないと聞きますが、ポルシェのお客様にはとても多くいらっしゃいます。
911などのスポーツカーでサーキット走行をされる方もたくさんいらっしゃいます。
その前後で点検に出されるなど、ブレーキやタイヤなどまめにチェックをされているケースも多く見られます。

ポルシェのサービス部門はお客様との接点がとても多いので、そうした中で知識や経験を積んで、お客様に新たな提案ができるようになりたいと思っています。

先輩社員から応募者へのメッセージ

個性的な人材が揃う刺激的な職場です
ぜひ一緒に働きましょう!

レセプショニストであれ、サービスアドバイザーアシスタントであれ、チームプレーが重要ですから協調性があることが第一条件だと思います。
正直にいえばクルマの知識はなくても、入社してから頑張ればなんとかなる気がします(笑)。
ただサービス部門にきて、あればよかったなと思ったのが、MTの運転免許です。
古いモデルはMT車が多いですし、走ることが好きなお客様の多くはMT車好きですから、それだけで話題になりますし、信頼されるとも感じます。
会社のメンバーはクルマやバイクなど乗り物好きが多いのはもちろんですが、クルマ以外でもいろんなことに長けた個性的な人材が揃っていて楽しい雰囲気です。ぜひ一緒に働きましょう。

Q.自分をポルシェに例えると?

Cayenne

自分をポルシェに例えるのはちょっと思いつかないので、個人的に乗りたいモデルを挙げるとするならば、荷物が乗るSUVモデルがいいですね。
ゴールデンレトリバーとスタンダードプードルのミックスで、ゴールデンドゥードルという大型犬を飼っているので、自分で乗るならゆとりある空間のあるカイエンで、愛犬とドライブに出かけたいです。
もしMT免許が取れたら、オープンカーのボクスターの助手席に愛犬を乗せて、というのも格好いいかもしれませんね。

ONE DAY田丸 瑶子の1日

  • 9:00 出社・朝礼 サービスアドバイザーと朝礼。一日のスケジュールを共有
  • 10:00 接客応対 来店されたお客様とそのクルマを把握
  • 10:30 書類作成 翌日来店されるお客様の事前準備。入庫予定の車両情報をまとめる
  • 14:00 ランチ ランチタイムは遅め
  • 15:00 書類作成 翌日以降に控えたお客様の書類等の確認
  • 17:00 出庫補助 修理を終えた車両をお客様に渡し、お見送り
  • 退社 おつかれさまでした!