納車後に「どうもありがとう!」
「またお願いするね」と
笑顔で返していただいたときに、
大きなやりがいを感じます
ブライトインターナショナル
ポルシェセンター銀座 小石川認定中古車センター
アフターセールス部 サービスコンサルタント 主任
2017年入社 石倉 遊哉ISHIKURA YUYA
INTERVIEW - ISHIKURA YUYA

幼少期からのクルマ好きがきっかけで、自動車整備の専門学校へ進学。
卒業後はメカニックとして輸入車ディーラーで7年半勤務。
その後、メカニックの経験を生かしてアドバイザー職を4年半経験し、憧れのポルシェ世紀ディーラーでサービスコンサルタントとして入社。2017年に現職。

さまざまな関連部署をつなぐ“ハブ”として
早く、正確に、期待以上の答えを導く

サービスを円滑に進めるプロデューサー

以前はおよそ12年間、某輸入車ディーラーに勤めていました。
当時お世話になっていた先輩がこの会社に転職していて、「アドバイザー職の募集があるけど興味はないか?」と声をかけてくれたのが入社のきっかけでした。
ポルシェは幼少の頃から憧れのブランドでしたし、このようなチャンスはめったにないと決意しました。

現在のサービスコンサルタントという仕事は、一般的にはサービスアドバイザーまたはサービスフロントと呼ばれるものですが、シンプルに言えば修理の受付係です。
主な業務内容は、お客さまからの車検や点検、修理などの依頼を受けて、テクニシャン(メカニック)と相談の上、見積もりを作り、必要があればパーツの手配をかけるなど、お客さまとテクニシャンをはじめ関係部署とのあいだを取り持つことで、サービスを円滑に進める役割を担っています。

互いに意見を出し合いながら最適解を探る

サービスコンサルタントとして、円滑に点検や車検のスケジュールを組むのはもちろん、メカニックとして得た知識や経験を活かして、場合によっては先読みして手を打つことを心がけています。
クルマの入庫時にお客様から得た情報をテクニシャンやセールス、アシスタントなどと共有し、互いに意見を出し合うことで最適なソリューションを探っていくプロセスは、難しくもありますがためになるものです。
サービスコンサルタントは、さまざまな関連部署をつなぐ“ハブ”としての機能をもった仕事でもあります。
そこに集積される知見をフル活用して、早く、正確に、期待以上の答えをお客様に届けていくことが求められます。そして、納車後にお客様から「どうもありがとう! またお願いするね」と笑顔で返していただいたときに、やりがいを感じます。

1つのディーラーで描ける未来は、まだある

ポルシェのサービスコンサルタントとして初めてお客様を担当したときのことです。
いろいろシミュレートした上で、ああしましょう、こうしましょうといくつか提案をさせていただいたのですが、「今までで一番良かったよ」と声をかけていただいたことがありました。
とても嬉しくて鮮明に覚えています。そしてありがたいことにそのお客様には修理や車検の際に今でもご指名をいただき、お付き合いが続いています。

私の仕事は新しいモデルが発売されるたびデザインも技術も新しくなっていきますから日々勉強という感じです。
セールスとは異なり、販売そのものが目的ではありません。
様々な部署間で連携し、お客様のニーズを満たしていく方法を真剣に考えぬく、いわばディレクターのようなもの。1つのディーラーで描ける未来は、まだまだあるはずだと信じています。

先輩社員から応募者へのメッセージ

人と人の間をつなぐハブであるため
社交的な人に向いている仕事かもしれません

私にとって憧れだった、ポルシェで働いているという誇りが大きなモチベーションになっていますが、ポルシェが好きじゃないと務まらないかというと、そんなことはないと思います。
ポルシェを通じて、それを所有される社会的地位のある方々と直接話しをする場面が多いため、社交的な人に向いている仕事と言えるかもしれません。
お客様という存在によって、自分の知らない世界を知るきっかけになったり、適切な対応や立ち振る舞いなどを気づかせてくれる、自分自身を高めたいという意欲が湧いてくる職場だと思います。

Q.自分をポルシェに例えると?

718 Cayman

憧れのクルマといえば911なのですが、いま欲しい一台といえば718ケイマンです。
仕事柄、どういう段取りを組めばスムーズにお客様の要望通りに進められるのか。
社内の調整や外注への手配など、いろんなことをスピーディに采配しなければいけません。
911は1台で何でもこなせる存在ですが、それはもう少し偉くなってからということで(笑)。
フットワークの軽さが求められるという意味で、ケイマンのような存在でありたいなと思っています。

ONE DAY石倉 遊哉の1日

  • 9:00 出社 出社してその日の大まかなスケジュールチェック
  • 9:30 朝礼 サービスコンサルタント全員で入庫予定やスケジュールの確認
  • 10:00 営業開始 入庫されるお客様の対応やセールスとの打ち合わせ、電話応対など
  • 13:30 ランチ 遅めのランチタイム。基本的に外食です
  • 14:30 見積り作業 メカニックの点検結果をもとに見積りを作成し、お客様にご案内
  • 15:30 指示 お客様にお見積りを案内し、承諾を経てメカニックに作業指示
  • 17:30 精算・引き渡し 引き取りに来店されるお客様の請求書作成、精算、お客様へクルマの引渡し
  • 退社 入庫車両の進行状況の確認、翌日の入庫準備をして帰宅